4年目看護師の日常

4年目看護師 へっぽこな日常

抜毛症のはなし①きっかけ

なんとなく、そろそろ話せそうな気がしたのでまとめてみる。

抜毛症 | 板橋区の心療内科・精神科 メンタルクリニックいたばし

 

わたしは抜毛症だ。

確か小学2年生のころから。

 

☆きっかけ☆

父の転勤があった。

転校後の小学校に馴染めず不安だった。

それまで家にいた母も仕事に出るようになり、学校が終わったら学童へ。

その学童も悪ガキがたくさんいて、そこで過ごす時間は私にとって恐怖だった。

 

大きすぎる環境の変化があった。

 

わたしは母の匂いを嗅ぐのが小さいころから好きだった。ライナスの毛布みたいなのが、母の枕カバーに使っていたタオルだった。

 

当時自分の髪は長く、胸くらいまであった。あるとき、ふと自分の髪の匂いを嗅ぐと

「母とおなじ匂いだ」

ということに気づいた。

それからいつしか、不安を感じると自分の髪の匂いを嗅ぐようになり

髪をさわるうちに、抜くようになり(抜いたほうが匂いが強く感じられた)

 

無意識のうちに多量に髪を抜くようになった。

 

それが最初の出来事。

 

 

コロナウイルスワクチン2回目

噂の副反応はいかに、、

 

ファイザーのワクチン接種2回目!!

 

⭐接種日

→倦怠感、接種部位の痛みもろもろなし。元気に仕事できた。

 

念のため

眠前にカロナール200×2錠内服

 

⭐翌日

→明け方5時くらいから

猛烈な寒気、シバリング

歯がガタカダ震えるくらい。

体温38.5℃

気分不快、吐き気、頭痛

 

布団から起き上がれず。。

吐き気のおかげで水分摂取、内服できず。

 

→12時くらい

やっと水分とれるようになる。

体温38.5℃

嫌になってカロナール200×3錠内服

頭痛、倦怠感強い

 

→22時くらい

37℃まで解熱。頭痛、倦怠感強い

 

⭐接種後2日目

熱下がった。

倦怠感強い。日勤で出勤したけど立ってられず、、

軽い部屋持ちに変更してもらってなんとかやりすごす。

 

 

 

⭕感想

職場で副反応が強く出たスタッフは3割程度。

20代女性でも、全く副反応なかった子もいたし、私みたいにフルコンボででた子もいた。

 

副反応でなかったら問題ないが、強くでた場合は1日でリカバリーしきれない。

 

接種後2日は休みが必要!!

もっかい!!

接種後2日間は休みが必要!!

 

3日目には何事もなかったかのように元気になりました✨

 

コロナウイルスワクチン接種 翌日

ワクチン打った次の日の話

 

夜勤でした。

 

ワクチン接種翌朝の熱は37、7℃でした。

身体が熱いだけで倦怠感もなし。

熱でたらカロナール飲んで出勤してこいと言われてたので、カロナール飲んで出勤。

 

もちろん出勤するころにはギリ37℃前半へ

 

腕の痛み

腕はあがらなーい。

腫れてはいないけど、触られたり触れるととにかく痛い。

動かしても痛い。

 

腕は肩まであげるので精一杯。トランスに体交、おむつ交換辛すぎた。

 

腕の痛みのピークは打った日の夜から日中。

 

夜勤中にだんだん痛みは減って、ワクチン接種から1日半くらいで痛みはなくなった。

 

 

優しい職場にお勤めの方は

ワクチン接種の次の日はお休みとることをオススメします。特に力仕事は仕事にならない😱

 

 

 

コロナウイルスワクチン接種後

ワクチン接種その日

 

意外と痛くなかった。

 

毎年のインフルエンザの予防接種のほうがよっぽど痛かった。

 

打って15分。。

ただただ座って壁をみつめ。

寝たかったけど意識消失と紛らわしいことするのもなと思い、、笑

 

なにごともなく終了。

 

打った腕はなんとなく鈍痛するかなぁくらいだった。

 

しかし、、その夜

 

寝返りうったら腕が痛すぎて起きる。

腫れてないけどとにかく痛い😭

 

次の日夜勤だよ。働けるんか!!

と思いつつもカロナール飲んで寝た。

 

 

 

コロナウイルスワクチン接種

コロナワクチン接種

 

先日ワクチンを打った。

ファイザー社のもの。

 

事前にワクチンに関する資料が配られ、接種は希望者のみ接種。

 

まだ副反応や長期的な影響がわからないからとの理由で受けないスタッフもいた。

 

全く怖くないわけではないし、心配はあったけどワクチンで防げるのなら。

 

もし自分がコロナになってうつしたであろう患者さんが亡くなったら、、

 

耐えられないなとおもってワクチン接種を希望した。

 

ちょうど福岡の看護師さんが接種後に亡くなったニュースもみて不安になった。。

 

自分を守るためのはずのもので死にたくないなと思いつつ

 

びくびくしながら接種の日になった。

医療脱毛 くすぐったい

医療脱毛2回目

 

1回目のときも書いた気がする。

くすぐったい問題。

 

私の身体はとても敏感でくすぐられるのに弱い。とくに脇腹付近。

 

医療脱毛でとくにくすぐったく感じるのは

①マーキング中

チャコペンみたいなもので、照射部位にラインを引かれる。もうそれがくすぐったすぎてしんどい。指で背中ツーってやる、いたずらを全身にやられてる感じ。

くすぐったすぎて身体は動くし、力は入る。でも相手はプロ。「力抜いてくださーい」って言いながらササッとやってくれるので拷問時間は一瞬。耐えるのみ。

 

②剃毛中

背中とか後ろは剃ってくれるサービスつきの病院だった。

剃毛は電気シェーバーでやってくれるんだけど、サワサワする感じでとてもくすぐったい。

さすがにシェーバーあててるときに派手に動くわけにもいかず。

全身に力をいれつつ耐えた。

 

 

くすぐったいの耐え方

困った私はぐーぐる先生に聞いてみた。

一番多かったのは気をそらすこと。意識しないこと。。

 

▪▪▪そんなことできてたら聞かんわ!!

 

と思いつつ、わたしの効果あった対策

 

①眠い。疲れている状態で脱毛をする

看護師の人はぜひ疲れきった明けで行くのをおすすめします。

明けでボーッとして、なんなら意識朦朧であればあるほど自然と意識とばせて気がつくと終わってる、、かもしれない

 

②事前にスタッフの人にくすぐったく感じることを伝える。

医療脱毛の施術スタッフは基本看護師です。

ちょっとやそっとのとこでびっくりはしませんが、事前に伝えておくと動きそうな部位を押さえてくれたり素早く終わらせてくれます。

 

③施術台を握って耐える

どこかを握っていれば、身体が大幅に動くのを止めることができます。

 

 

ちなみに2回目は明けで行きました。

疲労感しかなかったので、施術台は握りしめていたけど1回目よりはくすぐったさの苦痛が遥かに楽だった。

 

 

医療脱毛でくすぐったくて心が折れかけてる人はぜひ、お試しあれ。


#医療脱毛

#脱毛

 

不眠問題と漢方薬

不眠の救世主 抑肝散加陳皮半夏

 

もろもろの不安や不眠に対してすすめられたのが

[]抑肝散加陳皮半夏 ヨクカンサンカチンピハンゲ]

抑肝散加陳皮半夏(ヨクカンサンカチンピハンゲ): ツムラの漢方処方解説 | 漢方について | ツムラ

 

という漢方薬

 

正直なところ

[抑肝散]は認知症のあるよく興奮する患者さんに使われることが多い。

よく効く人には効くのよね~

 

なので、こんな漢方のむのか、、と少々抵抗があったが

藁にもすがるおもいで、少しでも身体が休まるならと試してみることにした。

 

 

結果!!

よく眠れるようになった!!

とにかく余計なことを考える前にすっと眠れる。

ストレスで気分にムラがあったのも徐々にへっていって落ち着くようになった。

 

いまは毎日飲まずに、すごく仕事でしんどかった日や夜勤後にのんでゆっくり休むことができている。

 

漢方ってすごい。

 

すいみんやストレスに悩んでたら、漢方を試すのもおすすめです。